読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知性と知恵を高める

一味違ったマインドマップ系の知性と知恵をお伝えします

ビジネス五輪書~アイデアを出す極意~

若い頃、勤め先で 『なんか、いいアイデアない?』 よく言われましたが なんでかなあ、全く出ない というか、思い浮かばないw 腕組んでやり過ごしてました、その時間は ワタクシだけじゃなく アイデア出し 結構、皆様の悩みのタネじゃないかしら? で、今日…

ビジネス五輪書~正しく疑う力~

前回は 思い込みは、全ての思考にリンクし 失敗の原因になると書いた で、その思い込みをできる限り抑制するには 『正しく疑う力』が必要であると 述べましたが その、正しく疑う方法、というかコツ を、ちょろっと話します まず、次の問いについて、考えて…

ビジネス五輪書~経験則も良し悪し~

前回のおさらい プロアクティブ(前向き、積極的)な思考を 持つことができるか、そうでないかで 求める成果は違ってくる 今日は、その反対、ネガティブな面について あなたは、今、あなたが経験してきた事や習慣 社会の常識、通念を意識して 考えたり行動し…

ビジネス五輪書の根っこ(後編)

アイデアを出す時も 物事を分析するときも 決断を下すときも あなたの心、頭が ポジティブかネガティブか 前向きか後ろ向きかで 結果は全く違うと前回書いた アイデアだし、分析、決断は 上図のように、気持ちと密接にリンクする だから、まずやることは 心…

ビジネス五輪書の根っこ(前篇)

前回の続き ビジネス五輪書GRASPは 以下の思考の型を定義しています アイデアを出す生成的思考 (Generative) 経験則から来る反応的思考 (Reactive) 物事を分析する分析的思考 (Analytical) それらを選ぶ選択的思考 …

ビジネス五輪書

学校を出て就職したての頃 『考える』事、その作法がわからず 右往左往していた時期があった アイデアを出す方法って? 分析するときの考え方って? 俯瞰して見るって何? 本当にわからなかった 若い人たちは うんうん、と頷くかもしてないし 経験がある中堅…

シャッター通り商店街

こち亀の両さん、曰く 地方が都会のマネをしても勝ち目はない予算もなく中途半端に終わる だから 逆転の発想で昔に戻る キーワードは 地方の良さ昔ながらレトロ ふむふむ ジャスコは都会の代弁者 そして神は細部に宿る だそうな 日本人は 見えない所にも気を…

型を持って型にこだわらず GRASPという思考法

昨年行われたリオ五輪 日本柔道チームのコーチの言葉 『型を持って型にこだわらず』 武道、スポーツに限らず 仕事や勉強にも 一応、『型』は必要です 型があるからこそ、応用があり 発展があるのです 型は 考え方、思考にも当てはまります アイデアを出すと…

GRASP your thought 思考を掴む

GASPという考え方、知ってる? 思考モード(パターン)を 武道やスポーツの 『型』 として捉え それを基本にアイデアを発展させ 問題解決やイノベーションに 応用する手法、考え方 この考え方は マインドマップインストラクターは知ってるけど 日本では…