読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知性と知恵を高める

一味違ったマインドマップ系の知性と知恵をお伝えします

速読とは その2

f:id:ara9992yoshi:20161225160246j:plain

速読とは  つづき

 

前回、速読には

左脳式と右脳式の2種類あると言った

 

説明しよう

 

■左脳式は、認識する速読

 

目の動かし方、使い方に主眼を置いている

そして文章を読むテクニックにもこだわる

 

目の動かし方プラス

文章を塊で捉えて認識する

 

ワーキングメモリを主に使用する

 

通常、訓練が必要

書店でいろんな訓練法の本が売られている

 

本に、仕事や勉強で日常的に触れる人

論理を好み、理屈っぽい人向きだ

 

しかし、左脳式は訓練が邪魔くさいのが難点

 

■右脳式

 

左脳式ほど、目の使い方にこだわらない

右脳、要は潜在意識を利用して知識統合を

期待し、行動に反映する旨を主旨とする

 

デフォルト ネットワークに期待する

 

基本的には、速読術とは言えないと俺は思う

認識力に重点を置いていないからだ

 

右脳式は

加速学習法とかの名称が妥当ではないかろうか

 

論理的、理屈っぽい人には向かないだろう

よくオカルトっぽいと称されるが

違う視点で見てみても、理に適った方法だと思う

本を全く読まない人には、お薦めである

 

ところで、どんな左脳式も右脳式も

一番重要な事が欠落していてはいけない

 

速く読むとか、知識を統合するとか

それ以前の問題である

 

読書とは?

 

あなたが、何か速読術を物色しているなら

これを明確にしているか確認する必要があるだろう

 

読書とは?

 

そして

あなたは、考えた事があるだろうか?